Skip to main content

WABCOのTailGUARD™ でトレーラの死角問題を克服。業界で実績のある自動バックブレーキにより、事故やトレーラの損傷のリスクを低減

車両の交通安全は、管理者が安全手順や技術革新による解決策を把握することで、一般的に年々向上していますが、死角問題についてはこれまで取り組まれていませんでした。大型トレーラを後ろに従えているトラックドライバーにとっては、車両とトレーラの大きさが原因で視界が悪くなるため、こうした問題はさらに深刻になります。

死角は事故の原因となり、トレーラや貨物の損傷につながりますが、それは必ずしもドライ
バーの責任ではありません。悪天候や他の道路利用者の行動が影響することもあり、事故が発生すると、トレーラ、貨物、ローディングドック、さらにお客様の評判や名声にダメージが及び、費用がかさみます。そこで活躍するのが、WABCOのTailGUARD™です。

TailGUARD™は、車両のダウンタイムや高額な修理費用、ト ラックヤードへのダメージを削減することで、運送会社のマネージャーを支援します。

トレーラ用TailGUARD™

TailGUARD™は、WABCOのIntelligent Trailer Program(インテリジェントトレーラプログラム)の一環として、トレーラに搭載する後部死角検出システムとして開発されました。このシステムは、対象物が動いていても止まっていても、運転者がリバースにシフトした瞬間に作動し、後方の危険を知らせ、また自動的に停止させる機能です。

事前に距離を設定できるので、運転者が安全を確保しながら余裕をもって操作できます。トレーラが車両後方の危険対象物に接近したら、自動的にブレーキがかかるので、視界に入らない対象物との衝突を避けることができます。

TailGUARD™ の機能

TailGUARD には、車両運転者には欠かせない数多くの機能があります。トレーラから近くの物体までの距離を測定する超音波センサーを駆使して自動ブレーキが作動します。事前に作動距離(トレーラから対象物までの距離が50cm~2mの範囲)をプログラムで設定できます。超音波センサーは、夜間や視界の悪い場所で低画質になる、またはフリーズするようなカメラとは異なり、そのような状況下でも確実に機能します。

また、バック時の速度が9km/hを超えるとブレーキがパルス状に作動し、安全速度でバックするよう運転者に伝えます。WABCOのOptiLinkと組み合わせれば、対象物までの距離が正確にトラクタ内の運転者に伝達され、対象物に接近していることを視覚と聴覚の両方で警告します。また、TailGUARD™は後付けも可能なので、安価に車両の安全性を向上させることができます。

TailGUARD™ はどのような点で有用?

トラックやトレーラの安全確保は、すべての車両管理者が行わなければならない重要事項です。車両管理者は、運転者を事故から守るだけでなく、トレーラ本体や貨物にダメージを与えないように願っていることでしょう。

TailGUARD™は、次のような車両管理者の経費を削減します。

  • 車両のダウンタイム
  • 高額な修理費用
  • トラックヤードの損傷

また時間通りに納品し、不必要なダメージを受けていない車両を走らせることで、顧客満足度を維持することができます。スーパーマーケットへの配送ではとりわけ重要な、車両のバックや荷下ろし時の、会社構内とお客様構内での安全を確保します。もちろん運転者や他の道路利用者の安全を保証することができ、ドライバー不足の時代に考慮すべき、関係者の重要な要素となります。

このシステムは、対象が動いていても止まっていても、運転者がリバースにシフトした瞬間に作動して後方の危険を知らせ、また自動的に停止させる機能です。

より安全でさらに効率的なトレーラ運用のための重要な要素として、 TailGUARD™ に投資してください。TailGUARD™ はトラックにも対応しています。詳細は、WABCO にお問い合わせください。